2015年11月3日
カトリック高松教区徳島地区の皆さんが「一日バス巡礼旅行」を企画され、3名の神父様方と41名の方々がショファイユの幼きイエズス修道会をお訪ねくださいました。カトリック徳島教会の聖堂は日本の殉教者聖パウロ三木に捧げられていることから、私どもの修道会に収められている聖パウロ三木の聖骨拝観の目的で来訪されました。早速資料展示室担当Sr.相川の説明に耳を傾けながら祈りと共に聖骨を拝観。記念の絵葉書を大切に聖堂に移動し3名の司祭方による共同司式ミサに与り、聖パウロ三木を讃え喜びと感謝を捧げました。

本修道会の聖堂は日本26聖殉教者に捧げられた聖堂です。聖堂内のケースに収められている日本26聖殉教者方の聖骨、聖遺物などミサ後に拝観しました。聖堂に収められている聖骨・聖遺物

当日は天候にも恵まれ、巡礼団の皆さん方は仁川本部修道院の庭を散策され、ルルドの聖母参詣やメモリアルホールでも共に祈りをお捧げしました。わずかな時間でしたが有意義な時を過ごされ次の巡礼地に向けて出発されました。



資料展示室


聖パウロ三木の聖骨展示


Sr.相川から聖パウロ三木についての説明を聞く巡礼団の皆さん



聖堂でのミサ





 
聖堂内のケースに収められている日本26聖殉教者の聖骨・聖遺物




楽しい団欒のひと時







また会う日まで!お元気でシャローム♪♪♪





Click !  聖 堂  資料展示室 「ルルドの聖母」 洞窟  メモリアル・ホール